読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Sophian's Diary

上智大学の主に経済学部の体験談など

新入生向け記事 オリキャン、ヘルパーについて

 上智大学では、新入生は入学式の後オリエンテーションキャンプ(通称オリエン、オリキャン)という1泊2日の合宿のようなものに参加することになっています。このオリキャンは、ヘルパーと呼ばれる先輩学生が企画するそうで、教授は引率としてついてくるのですが、かなりの部分を学生の自治ということで任されているようです。

 学費納付後に届く資料などにはこういった↑のような詳細などは載っていなくて、カレンダーに一泊二日の合宿であることと、宿泊先などが書かれているだけです。なので不安な新入生がいても無理はないかなあ… と思います。

オリキャンとは

 このオリキャンなのですが、率直に言ってしまえば遊ぶだけ!コミュニケーション能力の高い人はどんどん友達を作っていきます。というか、入学する前からSNSで顔見知りを作って入学式やオリキャンに来る人達もいて、もうそこから固まる顔ぶれというのは決まってくるみたいですね。また、夕食後には履修登録の説明などもヘルパーから受けます。履修登録のシステムについての簡単な説明を受けたあと、ヘルパーは「楽単」を教えてくれます。

ヘルパーについて

 先述のとおり、このイベントの企画はヘルパーに任されています。そのため、僕の時は布団が人数分ない(なんと、2/3ほどもない)などの楽しい事が起こります。また、基本的にヘルパーは希望者による志願制で、成績などで一応選抜されるらしいものの、ものすごくGPAの低いヘルパーも存在します。なので、「大学に来て、勉強するぞー!」と胸を膨らませて初めて会う先輩がそういう人だと意識高い新入生はがっかりするんだろうなあ… と思いました。わざわざそういうイベントに志願する程なので、基本的にはヘルパーは全員”チャラい”学生です。入学後キャンプ前の顔合わせイベントのようなものの後にも、食事会を企画してくれたりします。でも参加料はかかります。しかも収支報告のようなものはありません。大学にすらしていないようです。というか、大学は一切関知していないイベントなようで僕は適当に理由をつけて断ってしまいました。突然「参加料4000円バックレ禁止○日前までヘルパーに個人LINEしないならお金もらう」っておかしいだろ常考

 

不満たらたらな記事になってしまいましたが、あなたが楽しめる性格の持ち主ならきっと楽しいですよ! ボッチな性格なら、こんなの断っても死ぬわけじゃありません。オリキャンだけは行ったほうが学期が始まってから「君…誰だっけ?」とならないので行ったほうがいいかもしれないけど、ね。Take it easy!